青汁乳酸菌が人気

青汁乳酸菌が人気で青汁効果も抜群だとか?

ヨーグルトの乳酸菌と青汁の長所を合体させた乳酸菌青汁が販売されています

青汁の食物繊維と乳酸菌の二つの効果が青汁乳酸菌で味わえるわけです


大麦若葉やケール青汁や桑の葉が体に良いと以前からおすすめランキングで比較されています

最近の腸内フローラ人気にあやかって、青汁に乳酸菌ヨーグルトを添加したものが青汁乳酸菌なんですよね・・・

ほとんどのヨーグルト乳酸菌は腸に届かないのか ヨーグルトと飲むヨーグルトの違いもあります

最近とても話題になっているのが、ヨーグルトの青汁乳酸菌です。しかしヨーグルトの乳酸菌の多くは腸に届かず死滅してしまう事はご存知でしょうか。これを初めて知ったときには私は冷汗が止まりませんでした。乳酸菌が乳酸菌の多くは腸に届かないなら意味ないじゃん。と思ったからです。

乳酸菌は熱に弱く腸にと届く前に消えてしまう。市販で売られているヨーグルトのほとんどが腸に届かないと言われています。

ただこの中にある生きた乳酸菌も腸に届かずに死んでしまった乳酸菌も体に対してよい働きをすると科学的に証明されており、問題ありません。心配な方は、最近ではコンビニエンスストアなどで腸に届く乳酸菌というヨーグルトが発売されているので、そちらを購入してみてはいかがでしょうか。

次にヨーグルトと飲むヨーグルトの違いについて説明していきたいと思います。

私は以前から飲むヨーグルトを飲んでいたので心配なことがありました。

飲むヨーグルトを飲んでも全く効果がないのではないかと。

皆さんも心配になってきますよね。なかには、ヨーグルトは苦手だけど、飲むヨーグルトは飲めるという方もいらっしゃると思うので

。しかし安心してください。

飲むヨーグルトとと普通のヨーグルトには大した違いはありません。

ヨーグルトはゼラチンなどで固めたものが一般的ですが、その作業工程を省略したのが、飲むヨーグルトの由来なのです。

なので乳酸菌の入っている量などもほとんど誤差範囲なので心配する必要はないです。

ゆっくり腰を下ろす時間はない時は飲むヨーグルト、家でゆっくり食べたいときは普通のヨーグルトと使い分けて食べていくのがベストではないかと思っています。

参考になった方は是非実践してみてください。